日本スポーツマスターズ2007琵琶湖大会 No.4 レース中継
2007年09月19日 (水) | 編集 |
6部と女子は同時スタートで1.5キロまではパレード走行。
そこまでは全選手ゆっくり走る。

作戦としては、最後まで6部の男子の集団に混ざって走り、残った女子でスプリント勝負。
もしくは、女子だけで集団を形成して走る。
全く予想はつかなかった。
どちらにせよ、最初の1~2周は後ろから離されないように様子を見ることにした。

スタートの合図と共に、6部の男子21名と女子9名の30人の集団がゆっくりと走りだした。

最初のカーブを曲がり民家を抜けると、たんぼの中の一本道に出る。このあたりが1.5キロ地点。
パレード走行終了の合図と共にスピードがアップした。

ここは台風の影響か昨日より風が強く、向かい風。

離されないように後ろから様子をうかがって走っていると、4人の女子が集団の中をうまく走っている。

この6部の集団に混ざって走るようだ。
わざわざ抜け出すことはしないはず!(たぶん…)なので私も落車だけはしないように気を付けて着いていくことにした。

第2カーブを曲がると約3キロ地点。
少しスピードが上がる。

横風を受けながら、またまた、たんぼの中の1本道を約1キロ走る。

集団の女子の人数は私を入れて5人は変わらず。

少し上り坂の第3カーブを曲がり、そこから500メートル過ぎたあたりからだんだん上りになる。
ここが頑張りどころ。

ラスト1キロから下り、そしてゴール手前200メートルは少し上りというコース。

この500メートルほどの上りと、ゴールに入るまでの 下りでいかにスピードを出しスプリント出来るかが勝負のポイントだ(^O^)!

相変わらずの集団が勝負ポイントの坂にさしかかった時、スピードが上がった、とっさに反応し着いて行く。60歳代とはいえ流石!速い!

そのまま45キロ以上で下り坂を走り抜ける。

1周目が終わりスタート地点が過ぎた所でスピードが落ちた。
落ち着きを取り戻し回りを見ると女子の姿がない。????
2周回目、長い下りからの第1カーブを曲がり終えた所でもう一度確認。
やはりいない。

同じ東京都で6部に参加しているIさんに、「女子は来ていないみたいです!」と声をかけた。
「下がって確認してくるよ。」と偵察に。

暫くして、1.5キロ地点でIさんが上がってきた。
「女子はみんな落ちたよ。このまま安全走行で行けば優勝だから、無理しないで!」と声をかけられた。

なんだかホッと安心した…。
今までの緊張感が緩んでくる。

でも、ここで気を抜いてはいられない。監督の落車の後だ……。
慎重に離されないよう、転ばないよう最後まで男子の集団に着いて走った。

6部の優勝がかかった5周回目の上り!
すごいスピードになる。

辛うじて上りが終り、下りの途中まで着いていったが・・・離された。

安全にゴールすることが第一!(^o^)/
何度も練習したので一応ゴールスプリントを一人でして無事ゴール。(^_^)v

6部のIさんも55キロ超のゴールスプリント制し、堂々の2位に入賞した。\(^o^)/
いつもの大井での集団練習のようなレースだった。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://orbea.blog11.fc2.com/tb.php/228-71ebdb87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

高松美代子(ドラミ)

  • Author:高松美代子(ドラミ)
  • 日本競輪学校第102回生。
    川崎競輪場所属。
    50歳からの第2の人生を競輪選手として輝かせます。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索