手術後2度目の診察
2005年11月20日 (日) | 編集 |
11月18日(金)

手術後2度目の診察に行った。

レントゲンに写る鎖骨の折れた部分には、まだ隙間がある「2ヶ月だし、こんなもんですよ。」と先生。

「背中の肩甲骨の辺りが最近ずっと痛むんです(T_T)」と私。

「折れた肩甲骨の上に細い筋肉ができる痛みですね。それと筋肉痛。」と先生。

「筋肉痛?」じゃ、心配無いじゃない。安心(^_^)v

「朝起きる時に、左側がバリバリで、鉛が肩に置かれているみたいなんです、起きる時が一番辛いです。」

「皆さんそういいますよ。少しずつ時間をかけて柔らかくしていくしかないですね。」

「リハビリは進んでますか?」

「はい。これぐらい上がるようになりました。」と目線の少し上まで(→今はこれが限界)腕をあげて見せた。
「痛くても、無理しない程度に、どんどん動かしてください。」

「マラソンも、「勇気あるリタイア」を頭にいれて走ってください。」

あれっ?なんで知ってるの?

先生は私のブログを読んでくださっているようで(^_^;)、無理しない程度にどんどん運動やってくださいと言われました。
その方が治りも早いそうです。

頑張るよぉ☆☆☆☆☆

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://orbea.blog11.fc2.com/tb.php/109-fdd0975d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

高松美代子(ドラミ)

  • Author:高松美代子(ドラミ)
  • 日本競輪学校第102回生。
    川崎競輪場所属。
    50歳からの第2の人生を競輪選手として輝かせます。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索