スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第24回サロマ湖100㌔ウルトラマラソン ②
2009年06月30日 (火) | 編集 |
20090630233844
Goal直後に…


今月は自転車やベンチプレスの練習でなかなかランニングが出来ずに、6月のランニング走行距離30㌔と言うチョ~練習不足のなかでのスタートとなった(^^;

心配していた気温も高くはならずに最高のウルトラマラソン日和。

フルで4時間半、50㌔で5時間半を目標にがんばり、後半50㌔は、1㌔9分を切って楽しく走れば完走できると計画を立てた。

予定通り50㌔を5時間24分で通過したあとは、以前このサロマで知り合ったランナーの方々に声をかけていただき、おしゃべりしながら走る。

上から下まで、赤&ピンクのウエアーなので(いつもこのスタイル)目立つ事この上なく、72㌔地点では、
「去年の新潟のウルトラマラソンに出ていましたよね~!」と声をかけてきてくれたランナーがいた。
以前ウルトラで、後ろから追い掛けて来て、私のハムストリングを褒めまくってしばらくハムストリング話に花が咲き、そのまま名前も告げずに別れたランナーがいた。

その次の週に東京のマラソン大会に参加した時、「あっ!先週見た脚だ。」と顔ではなく脚で覚えていてくれた人がいたが…このランナーもその口かしら…(^^;でも、いずれにせよ声をかけていただけるのはうれしい(^^)v

80㌔過ぎてのこのコースのハイライト、『ワッカ原生花園』では、何度か抜きつ抜かれつした可愛い女性ランナーに声をかけて、楽しく歩き&走り、一緒にGoalした。
沖縄から来たと言うカスミちゃん。
沖縄県人のエイドで、おいしいコーヒ&ロールケーキをいただきました。ありがと(^^)v
スポンサーサイト

第24回 サロマ湖100㌔ウルトラマラソン
2009年06月29日 (月) | 編集 |
20090629090635
今年の完走メダル


27日(日曜日)

今年7回目連続参加のサロマ湖ウルトラマラソン。
暑さが心配されたが、天気はくもり17℃位で最高のウルトラマラソン日和。

切れない気持ちを養うために参加している。

12時間51分で無事完走。
走りながら沢山のランナーと友達になれた。

これから10日間ぐらい脚は言うこと聞かないです。

富士登山 ③
2009年06月03日 (水) | 編集 |
20090603085727
9合目 3460㍍
鳥居が埋まってます。


頂上からちゃんとした装備の3人の日本人が降りてきた、上は荒れているとのこと…

考えた末、今回はここで終了。
諦めも肝心。
しかし、ここまでよく登ってきたものだ。
約4時間。

帰りもゆっくり下山していると、さっきの外人さんグループが奇声をあげて降りてくる。

(◎o◎)!!??????

なんと雪の上をまるでソリに乗っているかのように滑り落ちてくる。

え~??
あんな降り方あるの~?
そういえばさっき会った日本人ガイドさんが、下山は30分だからと話していた。
この降り方ならば30分…なるほど。

早速試してみる。

最高!(^O^)/

子供に返ったように私も奇声をギャーギャーあげながらすべり降りた。
1時間かけて登った所も数分いや数秒で降りれた。
いや~(^^;
雪の富士山にこんな楽しみがあるとは思ってもみなかった。

頂上までは行けなかったが最高に楽しい富士登山だった。

再チャレンジは8月の予定。

富士登山 ②
2009年06月03日 (水) | 編集 |
20090603072838
もうすぐ8合目…遭難するかも?と思いながらのガッツポーズ


降り出した雨の中をゆっくり登り始めた。
(富士登山競走ではないのでゆっくりです(^^;)私の装備はこの天候の中トレランシューズ。甘くみすぎていたと反省。


登っているのは、外人さん+日本人ガイドのグループなど数名。
こんな時期に登る日本人なんていないでしょ(^^;

6合目から雪雪、足跡を探り、ズボッと行かないように注意しながら歩く。
7合目~8合目、雨は霰に、そして雪へと変わり、一寸先も見えなくなったり、また晴れたりと、山の天候の怖さを思いしらされた。

このまま、遭難するのかしら(^^;…なんて考えたりしながら…。

日本人のガイドさんに会って9合目ぐらいまでならアイゼンなくても大丈夫だよ。と言われちょっと勇気が出た。なんとか9合目までは登ろう。
ここまですでに3時間程経過。

富士登山 ①
2009年06月03日 (水) | 編集 |
20090603004330
週末、今年第1回目の富士登山に行ってきた。

今回は新しいルートの富士宮口からの挑戦。

天候は雨だったが、河口湖インターを降り、富士宮方面に近づくと、なんと晴れ間が…でも、頂上はまだ雪雪雪。

できれば頂上の剣が峰まで行きたいのだが、まぁ、行ける所まで行くを目標に新5合目をスタートした。



プロフィール

高松美代子(ドラミ)

  • Author:高松美代子(ドラミ)
  • 日本競輪学校第102回生。
    川崎競輪場所属。
    50歳からの第2の人生を競輪選手として輝かせます。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。