富士登山競走本番!
2007年07月27日 (金) | 編集 |
今年の参加者2700人(・_・;)

ロード区間が遅い私にとっては細い山道に入ってからの渋滞が心配(-.-;)

ここまで来たら運を天にまかせて走るしかない。

今回は、サロマで幸運を運んでくれた『糸魚川チャンピオンジャージ』を着て走ります。

では、行ってきます。(^o^)/

7月21日 (土) 富士登山競走最終練習会
2007年07月24日 (火) | 編集 |
20070724235157
陣馬山頂の馬のモニュメントと(*^_^*)

富士登山競走まで1週間を切った。

1日のツール・ド・ジャパンシリーズ第3戦「ひたちなか」、15日の台風の中の「JCRC群馬」と毎週自転車の大会が続き、その上毎日雨・雨・雨。そのまた上に学期末(-.-;)

今月に入ってランニングはトレッドミルで10キロぐらいしか走っていない(^_^;)
こんなことでは、またまたタイムオーバーで完走できなくなる(-.-;)

からだをランニングに馴らすため、朝ランニングを始めた。
19日(木)→16キロ・20日(金)→12キロ。
そして今日は高尾山に最後の富士山練習に行った。

生憎、朝は雨模様だったが天気予報を見てみると八王子方面高尾は曇りマーク!
行くしかないでしょo(^-^)o

8時半前に高尾山口に到着。
雨は降ってないが蒸し暑い。
もうすでにトレイルランナーが10数名集まっていた。
「こんな天気でも来る人はいるのね~・・・」(自分もその一人なのに(^_^;))と思いながら着替を済ませ、負荷をかけるためにペットボトル4本と塩ようかんetcをリュックに入れスタート。

勾配15%以上はありそうな1号路を高尾山頂まで約45~50分で登る。
汗が吹き出てくるが、鳥の声や風でざわめく杉の音と香りが心地好く、気持よく走れた。

この天候のせいか、ハイキング客も参拝客も去年の秋に来た時に比べると全くと言っていいほどいない。

尾根づたいに城山→→小仏峠→影信茶屋→明王峠→陣馬山頂までの約15キロを、3時間15分で完走。(^_^)

やはりハイキング客よりもランナーの方が圧倒的に多い。

山頂で15分ほど休憩し、またもと来た道を折り返した。

帰りは約3時間で到着。
ケーブルカー近くの「権現茶屋」で『権現ソフト』を食べた。
葡萄酢入りのアイスで、走った後にはたまらないおいしさ(^_^)v。

富士山現地練習を2回(これが多いか少ないかは???)、直前では、勾配15%のトレッドミル練習を2回、そして高尾。

今年は完走させてよ~!ねっ、富士山(^o^)/


足の低反発枕や~!
2007年07月09日 (月) | 編集 |
20070709232937
マリアのニューフェイスTくんです。(鶴ヶ丘八幡宮前で)

サロマの後遺症がやっと10日経った先週中ばに落ち着いてきた。

からだの筋肉痛なんて全く無いのに、右足首だけが腫れて曲げると痛みが走る。勿論伸ばしても痛いので正座も出来ない。
ずっと整骨院通いが続いていた。

足のむくみもひどく、指で押すと1cmぐらいへこむ。
子供がその足を見て『足の低反発枕や~!』と彦麿呂の口調で言った。

なかなかうまい事を言う。
『それもらった!』
まさしく低反発枕である。

そんな中、JCRC第5戦兼日刊ツール第3戦『ひたちなか』に参戦してきた。

右足首もまだ直らないし、体力的にも心配だったが申し込んだ限りは行く!

6月1週目の三宅島日刊第2戦から自転車とはご無沙汰していたので、前日の30日(土)にマリアニューフェイスの中学生を連れてKさんと3人で、江ノ島~鎌倉~横浜といつもの湘南コースの100キロを走ってきた。
右足首の痛みは直らなかったが、足は思っていた以上に回るし前日練習には距離&コース共に良かった。




プロフィール

高松美代子(ドラミ)

  • Author:高松美代子(ドラミ)
  • 日本競輪学校第102回生。
    川崎競輪場所属。
    50歳からの第2の人生を競輪選手として輝かせます。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索