祝☆ハーフマラソン完走
2005年11月29日 (火) | 編集 |
11月27日(日)

怪我をしてから初めての大会参加。
マラソンには暑いくらいのいい天気(^O^)
先生は「勇気あるリタイアも大切ですよ。」とおっしゃったが、何回か走ってみて、着地の振動ではもう肩の痛みもあまり感じなくなっていたので、完走は出来ると思っていた。

できれば2時間切りたい!

毎年のこの大会は、キロ5分ペースで走っている。
それは無理としても2時間は切りたい・・・。

今年は今の職場の上司(校長先生)が奥様(今日がマラソンデビュー)と仲良く10キロに参加(校長先生は毎年参加しているそうです)なので、完走→2時間以内→校長先生には抜かれないように(^。^;)、を胸に走った。

☆スタート☆
10キロ、ハーフ一斉の10時スタート。
だいたいキロ5分10~15秒で、沿道の多くの声援を受けて気持ち良く走っていた。
5キロ辺りで後ろから○○さ~んと声をかけてきたのは、あらあら校長先生ではないですか。(内心びっくり→僕は遅いからとおっしゃっていたのはご謙遜?)

「妻と離れてしまって先に行かれてたら、面目ないから飛ばしてきたんだ。」と。
それにしても速いじゃないですか!
前をちらちら気にしながら5分10秒ペースで走る校長先生に着いて行かないと!と頑張っちゃいました。

9キロ地点で校長先生はゴールに向かって、私は海に向かって残り12キロに突入。

☆後半→ゴール☆

徐々に、ペースダウン。Qちゃんのようにギアチェンジ!を何度も試みたが、一向にスピードが上がらない(∋_∈)→当たり前だよね~(-.-;)練習不足

とうとう最後は5分40秒前後まで落ちてしまった。
ゴールタイムは1時間55分11秒。

止まらずに走れたし、2時間も切れた。(*^_^*)
「復帰おめでとう!」と、仲間もとても喜んでくれた。

後半のペースダウンが心残りだが、これからの課題として・・・、素直に喜びましょ!『やったね\(^o^)/』



プロフィール

高松美代子(ドラミ)

  • Author:高松美代子(ドラミ)
  • 日本競輪学校第102回生。
    川崎競輪場所属。
    50歳からの第2の人生を競輪選手として輝かせます。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索