ステンレス製
2005年09月30日 (金) | 編集 |
20050930183911
9月30日(金)

先生に手術後のレントゲンをみせてもらった。
(ΘoΘ;)まさしく左の鎖骨にネジ6本・・・・私の身体にうまってる。(気持ち悪~!)

鎖骨の接合には穴の開いたステンレス製のプレートとスクリューネジ6本を使用。

鎖骨の痛みはほぼ無くなったが、今度は肩甲骨の痛み+胸の下の肋骨が少々ひびく。

トリプルの痛みからは開放されたが、案外この肩甲骨は曲者!

時間の経過しか手当ての方法がないみたい。(∋_∈)

腕が上がらないじゃない!(>_<)

しばらくリハビリが必要らしい。(-o-;)



メンチかつ!
2005年09月30日 (金) | 編集 |
手術当日の夕方。

『おなかの調子はいかがですか?診て見ますね。』と聴診器を当てておなかの音を聞く。
『ゴロゴロなってるから、動いてるみたい、お水飲んでみましょう!大丈夫だったら食事はOK!よ』

と言われ、すぐさま子供(長女)に水を買ってきてもらいストローでチュウチュウ飲ませてもらった。
『あ~。おいし~い!』
昨日のPM8:30から22時間ぶりの食べ物。

しばらくして、異常なしと言う事で食事がでた。
今日は「メンチかつ」と「人参の煮物」「キャベツの和え物」

沢田健二の歌ではないけど(←古っ!)
右手に点滴、左手は三角布なので、子供に食べさせてもらった。(^_^;)→二人で仲良く食べました!(と言いたい所だけど私8割、子供2割です)

ほぼ1日ぶりの食事が、メンチかつ!それを平らげおなかは大丈夫?と心配している皆さん→何の問題もありませんでした。
私って内臓丈夫なのです。

食事が終わったら、次は「歩行!」と看護師さんは容赦しない。

ようやく術衣を脱ぎ、パジャマに着替え、点滴の袋を下げた棒(点滴棒)を持ってトイレに(12時間ぶり(^。^;))→どうにか点滴のチューブが絡まないように済ませ、歩行訓練終了。

また、眠れない長い夜です。
この日は痛みに絶える事と、「早く終わらないかなぁ(>_<)」と点滴の袋とにらめっこで、夜が明けてしまいました。

あ~(T_T)V2の夢は見れず(^_^;) No.4
2005年09月29日 (木) | 編集 |
20050929210011
『〇〇さん!〇〇さん!手術終わりましたよ。』
という看護師さんの声で目が覚めた。

『えっ!もう終わったんですか~?』

残念。。。(〃_ _)

「西湖V2のビクトリーゴール」も「糸魚川8時間台」も な~んにもいい夢見ずに目が覚めてしまった。(>_<)

『手術、無事終わりましたよ。気胸の方も悪くならず、肺に管を通さなくても大丈夫でした。良かったですね。』

『はぁ~(-.-)ありがとうございます。でもいい夢な~んにも見ませんでした。(^。^;)』

ちょっと心残り・・・・。

約2時間の手術が無事終わりました。

この後、はあまり鮮明には覚えていないのですが、酸素マスクを付け、点滴の袋をぶら下げ、左肩はテープでぐるぐる。

ちょうど昼食時間に戻ってきたのに、私の昼食は点滴!(-.-;)

それから夕方までは、身動き一つ出来ず痛みをこらえながら・・・、痛み止めの白い点滴を1袋、抗生物質の透明な点滴2袋、電解質=ポカリスエットのような役目をする薬の入っていない点滴を4袋→辛かったです。

(点滴の数はうつろなため確実ではありません←念のため!)


訂正
2005年09月29日 (木) | 編集 |
No.3の新米男性看護師は→先生らしい

もちろん☆ベテラン☆さんも→女性先生らしい

↓↓↓↓↓↓↓
ここの病院では、点滴は看護師さんではなく先生がするそうです。m(_ _)m

新米男性先生v(^_^)vガンバ☆

あ~(T_T)V2の夢は見れず(^_^;) No.3
2005年09月29日 (木) | 編集 |
am9:30

女性のベテラン看護師さんの指導を受けながら、右手の甲に点滴の針をいれる新米男性看護師さん。←ひぇ~!私モルモットなのぉ!

なんで私が・・・・。

やはりうまく針が入らなかったらしい(-"-) 私の血管は、太くて針が入りやすいと献血の時に喜ばれるのに!どうしてはずすのっ(`ヘ´)ぶ~!

『ごめんなさ~い、痛いわよね。』と☆ベテラン☆←当たり前でしょ、痛いの(>_<)

『私がするわ・・・(`ヘ´)』と小声で、その男性看護師さんを叱ってる←聞こえてるっちゅ~の!

今度は手首のところに、さすが☆ベテラン☆一発で入りました。

またまた新米男性看護師さん、酸素素マスクをピタッと口に押さえ付け→息は吸えるけど吐けないよ(T_T)
ちと苦しいんでは無いの?と思ってると・・・、
すかさずベテラン看護師さん、
『酸素マスクは少し離して!患者さんが苦しいでしょ。』
やっぱり・・・・。
ふぅ~、楽になりました。

→今日の事を忘れずいい看護師さんになってね(^o^)/応援してます。

少し落ち着くと、BGMが流れている事に気付く。ハワイアン?演歌?訳が分かんない曲だ。

『先生が好きな曲ですか?』
『ちがいますよ~!』
な~んて言いながら
演歌好きなんでしょ(^_^;)

『何か好きな曲かけましょうか?クラシックがいい?』

『そっ、そんなぁ~、できればサザンがいいです~。』

『ありますよ。かけましょうか?でも、始まる前に麻酔かかっちゃうね~。』

ほんと、イントロも聞かずにすぐに意識が無くなった。

私って、お酒飲まないから、す~ぐ効くのよ(^。^;)!←ほんとか★

PS.M看護師さんに聞いた話

「マイアヒ」かけながら手術する先生もいるとか・・・☆

「白い巨塔」だっけ?(←古過ぎ?)とはイメージ全然ちがいました。

あ~(T_T)V2の夢は見れず(^_^;) No.2
2005年09月29日 (木) | 編集 |
am9:00

1階の手術室についた。自動ドアが開き、中に入った。あのテレビでよく見る手術室の風景とは全く違う。

???????(?_?)

ここでは名前や症状、手術の確認が部屋担当の看護師さんから手術をする看護師さんへ報告があり(事前にして無いの~(^_^;))、手術する看護師さんの紹介があった。

隣りでも今から手術をする患者さんが、同じ事をしていた。

不安になりらながら、『よろしくお願いします。』と挨拶。

噂に聞いていた、〈ベルトコンベアー式まな板移動マシン〉←命名ドラミ(^。^;)
で身動き一つせずに、手術用のストレッチャーに移動。これは、なかなかの優れもの(^o^)/
ほぉ~(^。^)と関心しているのも束の間、

『手術室に移動しま~す。』ゴロゴロゴロ・・・・。

頭をあげて、興味津津あっちこっち見回す。→さっきの涙はなんだったんだよ(-"-;)

まぁ~!手術室があっちにも、こっちにもすご過ぎ(ΘoΘ;)

一番奥の手術室に入った。

あ~(T_T)V2の夢は見れず(^_^;) No.1
2005年09月29日 (木) | 編集 |
恐怖の一日が過ぎた。
昨日の一日★★★★★★★★

9月28日(水)
am8:30

手術用の服に着替え、すべての準備を終え手術室に行くのを待っていた。

天井を見つめていると、これから起こる不安か?何故だか分からないが、突然涙があふれてきた。

こんな所を看護師さんや同室の人に見られたら・・・、な~んて思っても、思えば思うほど、それに反して涙は止まらなかった。(;_;)

ティシュで涙を拭いて顔を隠し・・・「こうなったら、もうじたばたしても仕方ない!泣き顔なんて見せられない!」と思うと、不思議と涙が止まった。

部屋の人たちに、『いってきま~す!』と涙声がばれないように挨拶をして部屋を出た。

カウントダウン
2005年09月28日 (水) | 編集 |
20050928064203
ベットに酸素ボンベが取り付けられた。

電気毛布も準備された。
「全身麻酔」って低体温になるので、病室に帰って来たら身体をあたためるためにつかうとか・・・。

ふ~ん!勉強になります。

あ~!あと3時間後には、「西湖V2」達成or「糸魚川8時間台での完走」の夢を見ているのでしょうか?
(^。^;)


今朝の出来事
2005年09月28日 (水) | 編集 |
9月28日(水)

AM4時半ころ、向かいに寝ている(ここは4人部屋)おばあちゃんが、トイレに行こうとして転び、大騒ぎになりました。

私は2時半頃から目が覚めていたので、ドテッという音がした時びっくりしました。

今さっき・・・浣腸(>_<)終わりました。

体重計りに行ったら、昨日より1キロ近く減ってました。←普通こんな時に計りに行くか?って言われそう(^_^;)

喉がかわいてるんだけど・・・・水飲めないんだよなぁ。

あ~!脱水症になりそう。

いよいよ(∋_∈)
2005年09月27日 (火) | 編集 |
バタバタの一日が終わった。

さっき先生から手術についての話があった。
☆病名
☆手術名とその内容
☆麻酔の方法
・・・・・・・
☆手術自体の危険性や考えられる合併症
☆後遺症
☆危険性
などリスクもたくさん聞かされた。
→不安になるばかり(-.-;)

明日の今ごろは・・・・どうなっているのでしょうか(^。^;)

訂正
2005年09月27日 (火) | 編集 |
明日は28日!
思考回路0ゼロです。m(_ _)m

明日28日手術します
2005年09月27日 (火) | 編集 |







急きょ、明日27日に手術が出来るようになった。
全身麻酔のキャンセルが出たらしい。

慌ただしくなって来た(・_・;)
☆採血→小さい試験管6本分
☆心電図
☆レントゲン
病院のあちこちを回った。

看護師さんが術衣とシャワーキャップのようなものを持って来て、明日の説明をしてくれた。

★9時半から全身麻酔で行います。
★朝8時半に麻酔を効きやすくする筋肉注射をします。
★今日の夜9時以降は食べ物、飲み物禁止
★当日朝食、昼食は禁食
★朝5時半に浣腸(>_<)
★8時半から手術の準備

あ~!早くなったのはいいけど何だか憂鬱(-.-;)(-.-;)(-.-;)


引き続き入院生活(∋_∈)
2005年09月27日 (火) | 編集 |
9月26日(月)

昨日の夜主治医の先生との話し合いがありました。

全身麻酔の枠が今週は一杯でやはり手術が出来ないと言われました。早くて10月3日か6日に手術となりました。

気胸もあるので、手術後肺に管を入れたのを取り除くのは11日で退院は13日ぐらいになると言われました。
はっきりした日にちは今日の午前中に決まります。

早く手術した方が出血もひどくなくできるのですが、枠がないからしかたないですね。と・・・。
転院して頂いてもいいんですが、気胸もあると言うと、呼吸器外科のある病院でないといけないので難しいです。と言われました。

自分自身では胸の痛みもないのですが。

修復機能が高いせいか、もう肩が固まってきているみたいで、早く手術したいで~す。
(^。^;)

「きをつけ~☆」した自分の身体を鏡でよくよく見ると、左肩が5㎝くらい下がり、なで肩になっていました。(>_<) このままじゃ大変!

入院生活→先生の話
2005年09月25日 (日) | 編集 |
さっき先生から説明があった!

レントゲンを見せられ「気胸」を昨日のCTでも見逃してましたと言ってました。(-_-#)

これ以上大きくなると上部なので、鎖骨の辺りから針を入れて空気を抜かなくてはいけない・・・・とか(>_<)

鎖骨も予想に反してズレている(事実、落車直後のレントゲンより、今日撮ったレントゲンの方がはるかにずれていました)(;_;)ので、もしかすると『手術(☆o◎) 』をした方がいいとか・・・・。

この連休に毎日レントゲンを撮って経過を見ていきましょう。と言われました。(>_<)


おとなしく寝ていないと気胸が大きくなるよと脅されました。


肩甲骨も粉々ですから筋肉はさ~っと落ちて元に戻るのに3倍の日にちがかかるでしょう。それも若い人の話!

あなたは、年齢が年齢だからもっとかかるでしょう・・と言われました。(`ε´)失礼ですよね~(`ヘ´)
鍛え抜いた上半身なのに。。。(〃_ _)σ∥

最低2ヶ月は自転車のれませんね~。とも言われました(>_<)。

でも私は不死身!
西湖で再デビューするから(o^-')b

入院生活→その後
2005年09月22日 (木) | 編集 |
平熱が低い方なのに、入院してから37.3~4℃が続いてます。

今日レントゲン撮影のため、1階のレントゲン室までよちよち歩いて行きました。

撮影後、看護師さんを呼ぶので歩かないで車椅子で部屋に帰って下さい(・_・)エッ......?。って言われました。

午後から呼吸器系の先生の診察があるので、安静にして寝ていてくださいとも言われました。
(ΘoΘ;)え~なんで?

?????????
「呼吸が苦しくないですか?」なんて聞かれましたが・・・・、

う~ん!そういえば深呼吸しにくいですが・・・・・・(^。^;)

外傷性の気胸になっているそうです。
落車した時になったみたいだとか・・・・。(∋_∈)

しばらく入院のびそうです。
でも本人至って元気なのでご心配なく。

富山の333mバンク走ってみたかった~(^_^;)
台風が接近しているそうですね、マリアのみなさん気をつけて、練習の成果を発揮してきて下さいね~。(^o^)/

やっちゃいました・・・全治2か月
2005年09月21日 (水) | 編集 |
19日月曜日、マスターズ富山大会に向けての仲間で最後の川崎競輪場での練習中、★落車★して救急車で運ばれました。

★落車★する少し前から救急車に乗るまでの事は未だに思い出せなくて、みんなの話によると、前方不注意のため前を走る仲間に追突したそうです。(>_<)

鎖骨と肩甲骨、肋骨を骨折+左半身擦過傷です。一応週末まで入院となりましたm(_ _)m
初めて乗った、救急車!
歯ブラシみたいなブラシでごしごし傷を洗われ死にそうな手当てをしました。(砂が残っていると綺麗に治らないとか・・・・(T_T))
人の痛みをお構いなしに治療するお医者さんにはなれないです。(^_^;)→お医者ごめんなさいm(_ _)m

睡眠不足の私にはこの入院生活はいいですね~。
でも痛みが・・・・・。

昨日18時間ぶりにやっと起きてトイレに行きました。

頭のCTも取りましたが大丈夫でした(^O^)
昨日は昼に肩のCTを取りました。結果はまだです。

しばらくの休養でまたまたパワーアップして、西湖あたりで復活して、2連破やっちゃいますよ~\(^o^)/

乗鞍ヒルクライム『ゴール』
2005年09月07日 (水) | 編集 |
第一チェックポイントで水分補給、中間地点をスタート後37分で通過。
あらあら(・_・)この調子で行けば1時間20分切れるじゃん!と、頭の中で単純計算している馬鹿な私でした。→後半きついのが頭に入ってなかった。(^。^;)

15キロ地点を予定の1時間より1分遅れて到着。ちょっと心のギアーを入れ替えて踏み込みました。

この間に女子Bクラスの2人に抜かれてしまいましたが、焦らずマイペースで走りました。
ずっと私の視界範囲内だったので15キロも過ぎた所で再び抜いてしまいました。\(^o^)/

回りの景色が代わりはじめたゴールまで3キロ地点、ここでまたBクラスの人をゲットして、一番苦しい残り数キロは今の順位をキープできるように頑張りました。

ゴールはいつも気持ちいいもの!
去年より1分23秒更新し目標の自己ベストを達成しました。(^_^)v

結果はBクラス7位入賞。
今年の乗鞍の印象は「いつもよりキツイとは感じなかった事」
これが一番の収穫です(*^_^*)

また来年も自己ベスト更新できるように練習しましょ(^_^)v

乗鞍ヒルクライム『スタート』
2005年09月06日 (火) | 編集 |
20050906085710
やっと『乗鞍』レポートです。お待たせしました。
m(_ _)m

早いもので今年で確か5回目の参加!

毎年参加数が増えて、今年は女子Bクラス(36歳以上)は80人近くいました。

目標は『自己ベスト更新』ただそれだけ!

あまり回りを意識しすぎると、自分自身の力が出し切れなくなるので、回りは見ないで自分の今の力を出しきる事に集中しました。

スタートまでの十分なウォーミングアップも大切!
7時31分のスタートぎりぎりまで一之瀬公園に向かう道で走ってました。

『スタート』
チャンピオンクラスがスターとした1分後、女子ロードとマウンテンの約250人がスタート。
トップ集団14~5人が飛び出して行きました。
この集団にしばらくついて行きましたが、左に180度カーブした所からいよいよ上りが始まり、しばらく上った所で・・・・・無理は禁物(^_^;)と言い聞かせマイペースで走り始めました。




プロフィール

高松美代子(ドラミ)

  • Author:高松美代子(ドラミ)
  • 日本競輪学校第102回生。
    川崎競輪場所属。
    50歳からの第2の人生を競輪選手として輝かせます。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索