『かなりやばいよ!』超ハードリハビリ始まる。
2005年10月22日 (土) | 編集 |
退院する直前、次女がお見舞いに来た時、
『家の中かなりやばいよ!みんなあれでよく生活してるよ~。』と言っていた。

『かなりやばかったら、やばくないように掃除をお願いね!』と私。
(家には長女、次女、義母と女が3にんもいるのに・・・?どういう事なの????)

『そうなんだけど、私もお姉ちゃんも忙しいし・・・(-.-;)』と次女。

やっぱり・・・、
退院し自宅に着いたその瞬間から、超ハードなリハビリが待ち構えていました(;_;)

古い歯ブラシとクレンザーを持って、台所、洗面所、ガスコンロの掃除。タワシに持ち替えて今度は風呂掃除!『ぎゃ~(^◇^;)排水口が・・・。』←お分かりですよね。

このように、掃除しまくりの数日間でした。
懐かしい入院生活・・・・・(-.-;)

み~ちゃん→いい子!
2005年10月14日 (金) | 編集 |
20051014073011
久しぶりに娑婆に戻ってきた〇〇〇(^_^;)のように、あっちこっち娘とブラブラ、ブラブラ。
迷惑かけたお詫びにと、ちゃっかり洋服を買わされてしまいました(^。^;)

『ただいま!』
玄関で一番に目が合ったのが、我が家のペット「み~ちゃん」。
懐かしそうにそばに寄って来て喉をゴロゴロとならしている。

普段は呼んでも無視するのにねぇ。
今日は、呼んだらすぐ来てくれる(*^_^*)
私の帰りをまっていてくれたのねっ(o^-')b


退院\(^o^)/
2005年10月14日 (金) | 編集 |
10月11日 (火)

退院の日、朝から雨が・・・・。ついてないなぁ。(T_T)

8時40分→同室のおば様と一緒に、入院最後のリハビリを受けに地下1階へ。いつものように、マッサージをしていただき、腕や首の動きを確認し、30分ほどで終了。次回は3日後14日の金曜日。

病室に戻ると主治医の先生が最後の診察に来てくれた。
90°に腰を折り曲げ、手をブランとした状態で円を描くように、腕を付け根からぐるぐる回す運動をどんどんしてくださいと言われた。
有名な〇〇先生(←忘れました(-.-;))が勧めるリハビリだとか・・・。
焦らず!焦らず!余り動かさないでというリハビリの先生とは、ちと違うんでないの(?_?)

まっ!このくらいならあまり痛くもないし、動かす方が良いと思うので、帰ったら頑張ってやりましょ!o(^-^)o
次回の診察は21日金曜日。

荷物を準備して手続きを済ませ、お迎えの娘(今日は後期の授業が始まる前で休み)が来るのを待った。

幸い帰るお昼ごろには雨も止んだ。(^_^)v

お世話になった看護師さんに、昨夜一生懸命に書いたお礼の手紙と花束を渡し、同室の仲良くなった3人の仲間にも手紙を・・・。

『また、遊びに来てね!』とちょっと湿っぽくなったが、お見送りに来てくれたエレベーター前で『あさって来るからね~!それまでにはもっと元気になっててよ~!』と明るく別れた。

久しぶりにのる電車!それより何より、世間はすっかり秋になってるではありませんかw(☆o◎)w
キンモクセイのかおりが・・・・。(*_*)
いつの間に(?_?)
浦島太郎状態です。

筋肉痛
2005年10月07日 (金) | 編集 |
10月7日(金)

5日(火)に抜糸したのでちょっと元気にB1のリハビリルームまでエレベーターを使わず階段を降りて行った。

予約時間までまだ15分ほどあったので、またまた屋上まで上り、再びリハビリルームまでを2回。
久々の運動で汗がタラタラ・・・。
ちょっと傷にしみました(^_^;)
その時は気持ち良かったのですが、昨日、今日とハムストリング筋肉痛です。

これくらいの事で・・・・(;_;)情けない。

1日あけての筋肉痛はもっと情けないです~(>_<)。



さみし~い(;_;)
2005年10月07日 (金) | 編集 |
10月6日(木)

ここ8階の病室は4人部屋。
遠くに東京タワーも、新宿都庁も見える眺めが最高の部屋だ。

60歳前のおば様2人と73歳のおばあさま(う~ん、表現しにくいなぁ)1人と一緒。

みんな明るい人ばかりで、カーテンは一日中あけっぱなし!(閉めておけば、それぞれプライベートが守られるようになっているので一日中閉めている部屋もあるそうだ。暗!)
笑いが絶えなくて、看護師さんも『ここは、楽しくていいわね~(^O^)』といつも言われていた。

私も、笑うとひびいて苦しくなるので、何度もナースステーションに逃げ込んだくらいだ。

今日その一人の人が2ヶ月の入院生活を終えて退院した。

一番賑やかだった人なので何だか静かになって寂しくなった。

でも、次は73歳のおばあちゃんが引き継ぐ気配だ(^_^;)



プロフィール

高松美代子(ドラミ)

  • Author:高松美代子(ドラミ)
  • 日本競輪学校第102回生。
    川崎競輪場所属。
    50歳からの第2の人生を競輪選手として輝かせます。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索